Tcan.soccerブログ

主に海外サッカーや沖縄での日常を発信しています⚽️🏝

(ビルバオの純血主義) コパ・デル・レイ決勝

こんばんわ!!
今週の土曜日の夜中は、
コパ・デル・レイ勝戦があります。

決勝カードは
ビルバオVSバルセロナとなっています。

f:id:Tcan:20210415204248j:plain


両チームとも準決勝で延長戦を制し決勝まで辿りついています。


今回はビルバオの歴史に簡単に触れたいと思います。

アスレティック・ビルバオの創設年は1898年、
もう100年以上の歴史があるクラブです。
1929年に創設されたリーガエスパニョーラにおいて、Rマドリー、バルセロナビルバオは2部降格をした事のない3クラブとなっています。

そして何よりビルバオは「バスク純血主義」として有名ですね、100年以上貫き通しています。


バスク純血主義」とは?

スペインの北東部に位置するバスク地方
スペイン人とはまったく異なるDNAを持ち、独自の言語も保有しています。
1912年の外国人を最後にチームに所属する選手は皆バスク人のみとなっています。
限られた制限の中、下部組織に力を入れており、育成部門はとても素晴らしいです。
2部降格をしない大きな武器ですね。

モットーは
「Con canterayafición、no hacefaltaimportación」
「自家製の才能と地元の支援があれば、輸入の必要はありません」

なんか、カッコいいですよね!!

今週のコパ・デル・レイ決勝、
スペインの古豪はタイトルを取れるか楽しみです。


ブログランキング・にほんブログ村へ