Tcan.soccerブログ

主に海外サッカーの情報や沖縄での日常を発信しています⚽️🏝

美しすぎる美技PK 「パネンカ」3選!!

皆さんは「パネンカ」とはご存知でしょうか??

PK時に普通であれば隅を狙って蹴るのが一般的だが、パネンカとはGKが左右どちらかに飛んだ際にゴール真ん中のスペースにチップキックをする、心臓に毛の生えた者が披露する美技です🤣
遊び心もあり、GKにとっては屈辱ですね、、


イタリア語でスプーンを意味する「クッキアイオ」も有名な呼び方です。


EURO1976決勝でチェコスロバキア代表のアントニーン・パネンカがチップキックでPKを決め優勝に導きました。
チップキックでPKを蹴る事がこの事より、「パネンカ」と呼ばれる事になりました。
「パネンカ」生みの親ですね!!
実際の名前が由来となっているんですね🙆‍♂️


そんなパネンカ、決めると美しく緊張するPK戦でも雰囲気を変えてくれますが、外すと地獄で、ゴールのど真ん中にチップで蹴るのですから、批判の的になります。


そんな天国と地獄の両面を持ち合わせたパネンカを大舞台で披露したスーパースターのパネンカ3選を紹介します。



f:id:Tcan:20211005145641j:plain



⭐️アンドレア・ピルロ 元イタリア代表

EURO2012の準々決勝、イタリアvsイングランドのこの試合は120分の激闘の末、両チーム得点を奪えずにPK戦に突入しました。
イタリアは2人目の選手が外してしまい嫌な流れのまま3人目ピルロへ!
絶対に外せない緊張の中、流れを変えた芸術パネンカです。

ピルロはこのPKで相手にプレッシャーを与える事が出来たと語っており、4-2でイタリアが準決勝進出となりました。





⭐️フランチェスコ・トッティ 元イタリア代表

EURO2000の準決勝イタリア対オランダの一戦で
王子トッティが魅せたクッキアイオ!!
トッティに関してはパネンカの事をクッキアイオと呼ばさせて頂きます。笑

こちらも激戦の末にPK戦に突入。
イタリア代表はPK戦でかなり弱気になっていた所、決勝進出のかかった場面で、
当時23歳の王子トッティがチームメイトに「今から俺がクッキアイオ決めてくるからよ!」
と宣言したのは有名な話ですね!
弱気になっているチームメイトは正気か!?とさぞビックリしたでしょう。笑
オランダのGKは名手ファン・デル・サール
見事なクッキアイオです!

イタリアはPK戦に勝利し見事に決勝に進出しました。
試合共にEUROの名シーンの1つですね!!




⭐️ジネディーヌ・ジダン 元フランス代表

2006年W杯の決勝戦、フランス対イタリアの一戦。
自らこの試合が現役最後の試合と決めていた、フランス代表の10番ジダン
幸先よく前半にフランスはPKを獲得。
世界の祭典の決勝でジダンは名手ブッフォン相手にパネンカを披露。
またクロスバーに当たり入るシーンはなんとも言えませんね😊

ユベントス時代からよく知る中のジダンブッフォン
「相手は世界屈指のゴールキーパー。僕はいつも同じサイドにしかペナルティーを蹴らないのを彼はそれを知っていたんだ。結果的にやっぱり彼はそっちに跳んだよね。蹴るまでに考える時間は10秒。これしかないだろう、って心に決めた」
と語っています。

しかし、この伝説のパネンカがある中、それ以上に印象が残るマテラッツィ頭突き事件が起こり、彼自身の2度目のW杯制覇を果たす事が出来ませんでした。



以上、「パネンカ」「クッキアイオ」を紹介しましたが、今ではセルヒオ・ラモスなどがよく披露していますね♪♪


それにしても、王子トッティがイケメンすぎました🤣🤣
次はどんなパネンカが見れるのか楽しみです!!






いつも読んで頂きありがとうございます😊
応援よろしくお願いします🤲
👇👇👇👇
にほんブログ村 サッカーブログへ
にほんブログ村


サッカーランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村